Inspire the Next
日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『オールド・ボーイ』
“へたうま”


はぁい、こんばんは!
ティッシュで便器詰まらせ殺す、太田です。
ワンダフル・ビューティフル・リーズナブル♪


まず最初に、ブログの更新が
二週間も滞ってしまいまして
大変申し訳ございませんでした。

リーダーに聞いたところによると、
お客様から「ブログの更新がないけど
今回のAREAは太田は出ないの?」といった
内容のメッセージをいただいたとのことで、
あらためて自分の不精のまずさに
戦慄した次第であります・・・。

「小生のブログなぞ誰も読みたがらないだろう」と
ついつい卑屈な姿勢に身を窶してしまうのですが、
例え誰の目にもとまらなくてもこまめに書き続ける
ぐらいの誠意は示すのが舞台人の当然の理。
最低限毎回のライブ前には更新するよう
重々気をつけようと思います。すみませんでした!



今回のAREA、皆様方の感想は
如何なものだったでしょう?
リーダーがしきりに感銘を
うったえていたように一本筋の通った
素敵なバンドさんばかりの
ハイレベルなイベントだったんじゃ
ないかと個人的にも感じ入った
次第なのですが、そうであるがゆえに
我々が盛大に浮き上がっていたのも
またまぎれもない真理。

まずもってオープニングコントが
我々の動揺を象徴的に表してましたね。
みんなどこか探り探りセリフを喋ってたし、
動きもボケも振りきりが全然足らず。

皆で演歌歌ってる時は
会場の冷え冷え感が恐ろしくて
「早く演奏に移ってくれ…」と
胸中で願わずにはいられませんでした。


さらには中盤のMCもなかなかに香ばしい
仕上がりになってしまった印象です。
当日になってからリーダーが急遽
あのタイミングでMC入れることを決めましたが、
フる側もフられる側も事前に喋る内容
考えとかないとダメだ。ダメすぎる。

しかもパフォーマンスの片付けで
いよいよ焦ってたところに
「冷えた空気盛り上げろ!」的に
リーダーから刹那的にフられたので
この上なくテンパるテンパる。

テンポ良く喋って笑いを取るにしろ、
淡々と喋って共感や感動を誘うにしろ、
MCをちゃんとできるバンドさんを
心底尊敬いたします。
といっても、結成一年目とかならともかく、
もうキャリア的にそんなところで
他バンドを羨望の眼差しで見るような
場合じゃないんでしょうが・・・。


あくまでパフォーマーなんで
曲についてウダウダ言うのは避けますが、
エリアはとにかく音が良い!!
小生のような素人でも違いがわかるぐらい
それぞれの楽器の音がしっかり聞こえる。
而して、あのライブハウスは
本物を追求する真摯なバンドが
出るべきハコであって我々の存在は異端!!!


ここでホーデンさんとのパフォーマンスの話題。
相も変わらずのブログ不精炸裂で
事前の解説も何にもやってなかったのですが、
『人間の証明』がテーマでした。松田優作です。

大量の茹であずきと鰹節にまみれて喘ぐ
ホーデンさんの姿は、まさに敵地で
汚物の沼に沈められ拷問されながらも
反転攻勢の機会を窺って黙々と耐える
スタちゃんのランボーそのもの!
あれこそ命の輝き! 
いわば生命のダイナミズムの凝縮です。

しかし一方で大変申し訳なかったのが
我々二人、ステージの後半をほとんど全て
そのパフォーマンスの後始末に
終始してしまったこと。
ハコ側からも指摘された通り
ビニールシートを増やすなり
タオル類を充実させるなり、
更なる改革が必要だと考えさせられました。
百均とかだと厚手で
しっかりしたバスタオルがないし、
かといって毎回の消耗品だから
そうそう予算掛けられないしで
なんとも悩みどころ満載ですが
対応策を模索することにいたします。

「やっちゃいけないことをやった」感は
当然というかなんというか
エクスプロージョンや鹿鳴館の比ではなく、
スタッフさん方の態度・対応からして
罪悪感を覚えるには十分でしたが、
それでもゴミの処分を
進んで引き受けてくれたりと、
流石は一流のライブハウスと
いわせんばかりの紳士的な対応には
頭の下がる思いでした。

善後策を充実させるよう釘は刺されたものの
出禁は免れたようですし、今後の出演や
汚辱パフォーマンスを否定されたわけでも
ないようですので一安心というところです。



それにしても自分があずきとかつおぶしを
撒き散らしたステージで他のバンドさん方が
真剣に各々の舞台を展開されておられたかと思うと
倒錯的な歓喜がこみ上げることこの上なし!
犯罪擦れ擦れの発言ですが、これは
たまりません、たまりませんなぁ~!!!!!

自分たちの終演直後の
楽屋裏通路の厳冬の空の下、
マロさんとデスさんに
周りを守ってもらいつつ
裸一貫で冷たい水を浴びて
汚れを洗い流すホーデンさんの姿は
全人の涙を誘わずにはいられない。



他バンドさんではArt Cubeさんに
一番感銘を受けました。
まだ自分が大学生だった時分に
幾度かライブを拝見しましたが、
その頃と比べて大分正統派というか
王道というかド直球になられたというか、
とにかく自分の嗜好にマッチしてて
ジュンジュワジュンジュワでした。
うん、これはもう昨年末にリリースされた
アルバムを買わせていただこう。

それにしても今回はホントに
しっかりしたバンドさんばっかりだった。
それにつけても我々の異端ぶり。
嗚呼、無情なるかな。




というわけで本日はこれにて。
忘れないうちに次回予告!(煽ってる
意味があるのか甚だ疑問ではありますが・・・)
次回のホーデンさんとわたくしの
ツープラトンパフォーマンス、
テーマは『日本人』です! それではよよい!!
ふわりん
ホーデニズム


こんばんは! 
トゥシューズに画鋲入れ殺す、太田です♪
ホーデンさんハゲてないよ!!


先日の浦和ナルシス『漆黒のシンフォニー』に
ご来場いただきましたお客様方、ありがとうございました。

リーダーが前説で新潟方面に
並々ならぬ対抗心を燃やしてましたが、
お付き合いのあるバンドさんと
ライブの日取りがカブってしまった際には、
とにかくお客さん各々に自身が一番楽しめそうだと
思ったライブに足を運んでもらうのが一番だと思います。
もちろんバンドマンとしては当日の自分たちの動員は
気になりますが、そんなことは関係無しに
お客さんはあくまで正直に自分の
“楽しい時間”を追求する権利があるわけだし、
そうするのがベストかと。
その結果として我々を選んでいただけたのなら
それは嬉しい限りだし、逆にライバルのバンドさんに
動員を取られてもそれはそれで真摯に今後の励み
とするのがあるべきバンドマンの姿勢かなと思います。
つまり、ホーデンさんはハゲてないです。


はてさて、前説からリーダーが黒服と月海さんを
全面に押し出してましたが、お客様の感触は
如何様なものでしたでしょうか?
僕個人としてはマロさんの超懐かしのツナギ姿が
見られてノスタルジックな気持ちがわんさかでした。

自身の衣装(?)はいつぞやに使った白タイツと
リーダーに探してもらった黒ゴミ袋を使い、
スタッフさんによくわからない自分のイメージを
伝えてメイクしてもらい、皆にあれやこれや
いろいろ手を加えられて完成。
後から振り返ってみると、『南国少年パ○ワくん』
あたりに出てきそうな造形だったかも。
あっ、今の若い人はパ○ワくん知らないか・・・。

そんなこんなで新サポートドラマーの洋也さんの
はじけんばかりの若さに自らの老いを感じた冬の一時。
今後とも宜しくお願いいたします。



ホーデンさんとのパフォーマンス、
ボディソープでホーデンさんを全身泡まみれに
したかったのに全然泡立ちが足りなかったです!
悔しい! 悔しい!!
ここ最近不甲斐無いパフォーマンスが続いてるので
なんとも暗澹たる気持ちになってしまって、
用事のあったホーデンさんに連れられて
早々に浦和をあとにしてしまいました・・・。
せめてお客様方にご挨拶してから帰るべきだったのに
まことにもって申し訳ない限りです。


そして今週末の大晦日、神楽坂の
カウントダウンについてなのですが、
わたくし、一身上の都合でどうしても
出演が難しい状況に追い込まれてしまいました。
さらにはどうやら我らがミナコさんも
大晦日は出演できないそうで。
しかし一方できよ様は出演可能とのこと。

よって大晦日は五人構成となる模様です。
栄えある年跨ぎの時間の出番をいただいたようですし、
僕に汚されないクリーンなホーデンさんの動きや、
二人のパフォーマンスの二次災害を恐れて
ドラムの横で細々とギターを鳴らす必要がないために
前面で堂々としたギター捌きを見せるデスさんを
どうぞお楽しみに☆





それでは、本日はこれにて。
画像はこないだウチに泊まっていった
ホーデンさんが忘れていったホーデン肌着。
先日のナルシスでボディソープで汚れた後に
着替えてたヤツですね。
勝手に撮ってゴメン、ホーデンさん。
・・・まずは3000円からのスタート!!
マロさんは黄色いTシャツが良く似合う。
お供え物


きっと目がチカチカするような
緑やピンクでもマロさんならしっくりくるはず。

そんなマロさんに会う度にたかるのが大好きな
欠食児童の太田です。よよよい。



はてさて、先日の浦和ナルシスのマロさんバースデイに
駆けつけてくださった皆様方、まことにまことに
ありがとうございました。

たくさんのお客様に祝っていただいてマロちゃん幸せ!
それを取り巻く我々もシアワセ! でございました。
ナルシスからの帰り際、お客様からのプレゼントを
どっさり抱えたマロさんはまさに憎いアンチクショウ。
良い誕生日を過ごせたね、マロさん。



そんなこんなで今回の燭台のステージ、
如何だったでしょうか?
海老蔵云々のオープニングコントは
話題的に大分タイムリーだったので
わりかしわかり易かったかと存じますが、
ド演歌の『憧れてHITACH○』は
どうだったんだろう・・・。

リハの時にはデスさんに
「なんかどっかの会社の忘年会の
しみったれたオッサン達みたいですね・・・」
って指摘されたんですが
まさしく言い得て妙というか。
とりあえず歌ってる側としては
気持ちよかったです!!


出番はまさかまさかのトリ!
リーダーの前説でもあったように
おこがましいことこの上ないですが、
これもひとえに皆様方の日頃の
ご愛顧の賜物でございます。
本当に本当にありがとう。

マロさんやデスさんは
楽器のセッティングの都合等で
トリだと忙しなくなってしまう
と話してましたが、私としては
パフォーマンスの汚れを片す時間に
余裕が生まれる分、大助かりです。


というわけで今回のホーデンさんとの
ツープラトンパフォーマンス、
『まごころ』をテーマにホーデンさんを
ケーキにしてみたんですが、
前回とはまた違った課題が出てきたわけで。

というのも、ホーデンさんからも
指摘があったのですが、ここ最近、
ホーデンさんを汚す道具が
毎回変わってるぐらいで動きの新鮮味に
欠けている、という問題です。

自分としても、ただホーデンさんに
毎回しんどい思いをさせてしまうだけでは
非常に忍びないので、その涙ぐましい労苦に
見合うだけの芸術性・お客様からのご好評を
さらに追求せねばとあらためて
肝に銘じた次第です。
また折を見てホーデンさんと
じっくり相談してみます。
それにしてもパフォーマンス後のホーデンさん、
盛大にヨーグルト臭かったぁ~。うぁぁ~。

そしてそして、もう2日後に迫った浦和ナルシス、
今回はホーデンさんと共に『浄化』を表現します。
新年を前にぜひご一緒に生まれ変わりましょう。



したらば、ここで詳細をば。


12月26日(日)浦和ナルシス
『~漆黒のシンフォニー~2010 FINAL』
前売\2800/当日\3300
十神/針槐-ハリエンジュ-/燭台(怪)/ARIA/
セッションバンド/MIEL/チョコレート中毒


黒胡麻。黒胡椒。黒蜜。。。。





今回はこれにて失礼仕る。

画像はヨーグルト臭くなったので要らないと
きよ様がのたまった彼のドラムスティック。
ウチに持って帰って洗って飾ってます。

びば・きよさま♪
「てるくはのる」
「栄光の落日」


みなさんどうもこんばんは。
悲しみよこんにちは。
太田です。


はてさて、「ブログの更新頻度を上げねば」と
思っていた矢先なのに、気が付けば前回から
一週間あまりが経過という始末。
めちゃめちゃ忙しいのに
ちゃんと毎日ブログ更新してる
我らが蜻蛉さんを大いに見習わねば・・・。(汗)



兎にも角にもライブの告知をば。


12月12日(日)新宿HEAD POWER(アム主催)
開場17:00/開演17:15 前売¥2,300/当日¥2,800
【出演】
アム/KiKi13/深界/Heinrich Von Ofterdingen_/*microscope*/無花果ノスタルジア
サブステージ:
アムアコ/THE GLAY/スカイブルー100/東京秘密ラジオ/NaG/燭台アコースティック
※会場内禁煙
※燭台は蜻蛉とホーデンのみでのアコースティックでの出演となります。サブステージで演奏時間も10分程度です。ご承知おきくださいませ。
出演はトリ前21時頃~の出演です。


というわけで小生はおろか蜻蛉さんとホーデンさん以外は
出演しないサブステージなのですが、これはこれで
貴重な機会ですので皆様ご都合付きましたらゼヒ!!
ホーデンさんの、親の敵の如くカッティングの効いた
アコギさばきはまさに圧巻の一言ですよ♪

アコギでサブステージといえば、昨年の3月末頃の
赤坂noteでのステージを思い出します。
あの時は蜻蛉さんとホーデンさんに加えて、
デスさんとわたくしがパフォーマンスという
なんともみょうちくりんな編成。
アコギの舞台だけあって他の出演者さん方は皆
静かで情緒溢れる曲ばっかりだったので
「この素敵な雰囲気を自分達がぶち壊しに出来る!!」
と鼻息荒く意気込んでデスさんと二人で
三十分ほど遮二無二暴れまわったわけですが
アレはアレでイイ経験になったかなと・・・。

そのほんの数週間後、4月頭のアムのイベントでは
どういう経緯か、サブステージでデスさんがDJを
担当されてましたが、「コントやるから手伝って!」
とかなんとか事前に頼まれて、持ち時間の最後に
二人でデスさん作の寸劇を敢行。
アムのイベントだけあってちゃんとしたバンドさんと
ちゃんとしたバンドを観に来たお客様ばかりだったので
尋常じゃないほど引かれましたが、それがまた
なんとも心地良い経験となったり・・・。


そんなこんなで、それぞれの一身上の都合で
今回や年明け1月末のアコギライブは
カゲ・ホーデンのお二人のみですが、
また機会が巡ってくればデスさんとの
パフォーマンスがやってみたい今日この頃☆
・・・つってもホーデンさんと同じ感覚で
虐待系のパフォーマンス仕掛けたら
一目散に会場から逃亡しそうだな、デスさん。
まぁ、そうやって逃げようとするからこそ
余計に蹂躪したくなってしまうんですが。(笑)




それでは本日はこれにて。
アムを観に行くついで感覚でもいいので
蜻蛉さんとホーデンさんのステージもよろしく!
そしてNaGこと名倉さんもヨロシク!!


画像は、さながら“時代に咲いた仇花”みたいな・・・。
「さるのこしかけ」
「無題」


コンバンハ! 
CAST IN THE NAME OF GOD
YE NOT GUILTY
太田です。


遅ればせながら先日の新宿FNV公演に
ご来場いただきました皆様方、
まことにまことにありがとうございました。
さほどV系に特化したハコではないようなので
我々と同じように今回初めて足を運ばれた方は
道中迷われたりされたかもしれませんが、
ご足労いただきまして恐悦至極でございます。


今回のステージ、初めてのハコ、
周囲はほぼ初めての共演者の方々ばかり
という状況で勿体無くもトリ前に
出番をいただいたわけですが、
皆様の目にはどう映りましたでしょう。

一介のパフォーマー風情ですので
ライブ全体の完成度や曲の委細について
云々する立場には無いと自認しておりますが、
少なくとも自分に関しては
「課題の多いライブだった」という他ありません。


対バンさんの顔ぶれや初出演のハコということを
考慮すれば自分たちが所謂“アウェイ”であることは
容易に想像でき、また実際に事前に
把握していたにもかかわらず、いざステージに立つと
その空気に気圧されてしまったこと。

ホーデンさんとのパフォーマンスでの
下準備が足りず、パフォーマンスの結果として
機材を聊か汚してしまったこと。
(FNVさん本当にすみませんでした。)
そしてそれに戦慄するあまり、
その後の動きに全く精彩を欠いてしまったこと。


こうした状況に陥ってしまったことで
あらためて自分の、舞台に立つものとしての
資質の希薄さを感じずにはいられませんでした。
特に機材云々に関しては、状態がどうであれ
とにかく自分たちのステージが終了するまでは
舞台人としてお客様の前でパフォーマンスに
集中するのが本来です。
後に控えるバンドさんの為に
パフォーマンス直後に適度の片付けは行うにしても、
突然のトラブルに頭を専横されてしまったのは
まさに素人というほかないでしょう。

また、“アウェイ”ということに関しても、
ウチのバンドにとって宿命のようなものなので
それに打ち克つ気概が絶対に必要です。
特に年明けには、自分が不在だった今年7月の
出演の際には他のメンバーの皆が皆
アウェイ感からガチガチに緊張してしまったという
AREAでのライブも控えているので、
個人的にその前哨戦とも目していた
今回のライブでの顛末にはいろいろと
考えさせられるものがあります。



気がつくとなんだか非常にネガティブな文章が
続いてしまいましたが、一言で纏めると
「今回の失敗を次に生かさねば!」ということに
尽きます。観に来て下さるお客様方のためにも
毎回の進歩を肝に銘じねば。

ということで、次回12月19日(日)の浦和ナルシス、
ホーデンさんとのツープラトンパフォーマンスの
テーマは「まごころ」です!
リーダーから「挫けるな」との
助言がありましたように、
失敗に関しての反省はしますが
汚いコトは決して止めるつもりはありません!!




それでは本日はこれにて。
次回からはまた気の抜けた文章に戻ります・・・。(苦笑)

画像はツーナッシング。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。