Inspire the Next
日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「さるのこしかけ」
「無題」


コンバンハ! 
CAST IN THE NAME OF GOD
YE NOT GUILTY
太田です。


遅ればせながら先日の新宿FNV公演に
ご来場いただきました皆様方、
まことにまことにありがとうございました。
さほどV系に特化したハコではないようなので
我々と同じように今回初めて足を運ばれた方は
道中迷われたりされたかもしれませんが、
ご足労いただきまして恐悦至極でございます。


今回のステージ、初めてのハコ、
周囲はほぼ初めての共演者の方々ばかり
という状況で勿体無くもトリ前に
出番をいただいたわけですが、
皆様の目にはどう映りましたでしょう。

一介のパフォーマー風情ですので
ライブ全体の完成度や曲の委細について
云々する立場には無いと自認しておりますが、
少なくとも自分に関しては
「課題の多いライブだった」という他ありません。


対バンさんの顔ぶれや初出演のハコということを
考慮すれば自分たちが所謂“アウェイ”であることは
容易に想像でき、また実際に事前に
把握していたにもかかわらず、いざステージに立つと
その空気に気圧されてしまったこと。

ホーデンさんとのパフォーマンスでの
下準備が足りず、パフォーマンスの結果として
機材を聊か汚してしまったこと。
(FNVさん本当にすみませんでした。)
そしてそれに戦慄するあまり、
その後の動きに全く精彩を欠いてしまったこと。


こうした状況に陥ってしまったことで
あらためて自分の、舞台に立つものとしての
資質の希薄さを感じずにはいられませんでした。
特に機材云々に関しては、状態がどうであれ
とにかく自分たちのステージが終了するまでは
舞台人としてお客様の前でパフォーマンスに
集中するのが本来です。
後に控えるバンドさんの為に
パフォーマンス直後に適度の片付けは行うにしても、
突然のトラブルに頭を専横されてしまったのは
まさに素人というほかないでしょう。

また、“アウェイ”ということに関しても、
ウチのバンドにとって宿命のようなものなので
それに打ち克つ気概が絶対に必要です。
特に年明けには、自分が不在だった今年7月の
出演の際には他のメンバーの皆が皆
アウェイ感からガチガチに緊張してしまったという
AREAでのライブも控えているので、
個人的にその前哨戦とも目していた
今回のライブでの顛末にはいろいろと
考えさせられるものがあります。



気がつくとなんだか非常にネガティブな文章が
続いてしまいましたが、一言で纏めると
「今回の失敗を次に生かさねば!」ということに
尽きます。観に来て下さるお客様方のためにも
毎回の進歩を肝に銘じねば。

ということで、次回12月19日(日)の浦和ナルシス、
ホーデンさんとのツープラトンパフォーマンスの
テーマは「まごころ」です!
リーダーから「挫けるな」との
助言がありましたように、
失敗に関しての反省はしますが
汚いコトは決して止めるつもりはありません!!




それでは本日はこれにて。
次回からはまた気の抜けた文章に戻ります・・・。(苦笑)

画像はツーナッシング。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。