FC2ブログ
Inspire the Next
日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「悲しみにつばをかけろ」
プ~アルンルン♪


こんにちは! 太田です!
明日はライブです!!


11月28日(日) 新宿FNV
■OPEN 13:00 / START 13:30
■CHARGE Drink 代金のみ ※再入場1回可
出演:『正義』崇拝教團JUSTICE KING / 音劇単独表現者 洋太 / オリガミ/ 燭台(怪) / 亡命少年 / MILKY EMILY / ニコラシカ / Golbeza / 幸水 / STAR STRIP / ヴァリウス / 極東RF / MAD PARTY
O.A 『正義』崇拝教團JUSTICE KING

※燭台の出番はトリ前19時45分~前説です!


初めて出させていただくハコだしトリ前だして
大変恐縮ではございますが、変に気を揉まずに
いつも通りの燭台クオリティをお届けしたい
所存であります! ただ、リーダーにあらかじめ
釘を刺されたようにライブハウスや対バンさんの
ご迷惑にならないような配慮はいつも以上に(笑)

というわけで是が非でもやりたい
ホーデンさんとのツープラトンパフォーマンス、
テーマは『スキマ男』です!
ス・キ・マ・・・・・スキマ!!





画像は、先日のライブにて
ほおでんさんとお揃いで
おでん的ドラえもんのストラップを
お客様よりいただいて、ウチの猫その2も
アップ気味でご満悦な様子の一枚。
アリガト~!!
スポンサーサイト
「お昼に食べた汁無し坦々麺で揃ってお腹をこわしたデスさんと僕」
「歴史的名盤と歴史的雑魚キャラ」


こんばんは! 焼きたてパンでホカホカ殺す、太田です♪

先日の燭台(怪)神楽坂EXPLOSION主催
『神楽坂撲滅運動~破滅に向かって~』 に
ご来場の皆様方、まことにまことにありがとうございました!!
リーダーによると動員も満足な数に達したようであり、
お客様ならびに共に場を盛り上げてくださった
対バンの方々にも感謝の念でいっぱいです。


まさに個性の塊ともいうべきオンリーワンなバンドさんの連続で、
リーダーがよく語るように「普通のV系に飽きた人にうってつけ」の
イベントだったのではないでしょうか。
人によってはいささか刺激が強過ぎたかもしれませんが、
一夜限りの無礼講ということでご容赦いただけましたら幸いです。


まず他のバンドさんにもご協力いただいた
オープニングコントについて。
ステージから見たお客様の反応から察するに
ちょっと内容がわかりづらかったのかな
と感じましたが、兎にも角にも
各々のバンドの準備で忙しい中ご参加下さった
皆様方のご厚情と、この日の為に二週間ほど
髭を伸ばし続けたホーデンさんの労苦につきましては
何卒ご評価いただきたいです。

自分に関してはただただ
遮二無二やった演技だったのですが、
今になって冷静に振り返ってみると
『二言三言会話したぐらいでほぼ初対面の女性を
力ずくで抱き寄せる』という、普段の自分からすれば
およそ有り得ない行動をとったわけでww
あらためてステージは魔物だな~と感じた今日この頃です。
スウィングパァルのエミーさん、ノリノリの演技で
応えていただいてホントにホントにありがとうございました!


燭台本編の新喜劇、人生初の煙草もさることながら
ホーデンさんのレイプが思いのほかリアルに力づくで
なかなかに厳しかったです(笑) ドラチオ・再び♪

セトリ全体に関してはリーダー曰く、
とにかく「王道」とのことで
演奏しないパフォーマーにとっても安心感がありました。

ホーデンさんとのツープラトンパフォーマンス、
もともとはフリ・コーラス・合いの手のシャウト等が
ほとんど無くてパフォーマンス的にどうしても
手持ち無沙汰になってしまう『蜘蛛』の間の動きを
どうするかということで考え出したものだったんですが、
この日も『蜘蛛』の間にやれて
非常に落ち着きが良かったように思います。
ホーデンさんからは「汚れた状態で
何十分も耐えるのは正直しんどいので、
できれば虐待はステージの終盤で
お願いしたいです・・・」と
たまに言われたりするんですが、
自分としてはタイミング的に2曲目にやりたい!!
例えるなら、アルバムの2曲目に
ヘッド曲をもってくるようなもので、
「とりあえず初っ端に度肝を抜きたい」
という心境ですね。

そんなこんなで今回は「おふくろの味」。
寝かせたホーデンさんに
小麦粉・卵・パン粉のトリプルコンボの
地獄責めだったわけですが、
お客様に於かれましては如何だったでしょうか?

少しでもホーデンさんの肌に優しく、
比重が軽くて舞い難い物を、と考えて
小麦粉の代わりにベビーパウダーを使ったんですが、
卵との組み合わせで妙な悪臭を発するし
小麦粉よりもきめ細かでよく舞うしで
見事に裏目に出ました。てへ。

しかし、いつもの汚れっぷりより数段ヒドい
とんかつ塗れになることで
ホーデンさんの興奮が完全に
メーターを振り切ったのは素晴らしいの一言。
いつもはメンバーや関係者の皆さんに
事前に「くれぐれも自重を」と求められる僕ですが、
ビールケースを叩きつけて暴れまわる
ホーデンさんの雄姿に「もうやめて・・・」と
逆に自重を懇願する心境になったのは
初めてですw
ともあれ、少なくとも演じる我々の側には
その興奮が全員にプラスに働いて
みんな生き生きしてたように思います。


中間のコント『ピーターパン』ですが、
「流れが事前打ち合わせと全く違って
戸惑う蜻蛉さんの姿がお客さんに
受けるんじゃないか」との急なきよ様の
発案で、どりぃむさんも交えての
混沌とした仕上がりになりました!!
お客様方が面白かったと感じてくれているなら
蜻蛉さんはきっと快く許してくれるはずです。
それにつけても、PAさん
混乱させてしまってゴメンナサイ!!


いつもは次のバンドさんのことも考えて
ステージ中に最低限のパフォーマンスの後片付けは
済ませるようにしているのですが、
今回はトリだったし、何より「こりゃダメだ…」
ってレベルの汚れ具合だったので終演まで放置。
機材への打撃がないかとヒヤヒヤしながら
終演と同時にすぐにステージの清掃に
奮戦しましたが、まぁそれにつけても
パン粉の飛び散りようの凄まじさ。
幸い機材に被害はなかったようですが
スタッフさんには本当に頭の下がる思いです。
そして「また君に番号を聞けなかった」ならぬ
「またお客さんとコミュニケーションを取れなかった」
という話。パフォーマンスの後始末も
お客様との語らいもバランス良く
こなすのが当然ですよね・・・。
願わくばこれに愛想を尽かさずに
今後ともヨロシクお願いいたします。


サブステージのどりぃむさんとなぐらさん、
やっぱり大好きだな~と再認識しました。
リハの時間、数年ぶりになぐらさんの
『she is not versin』を生で耳にしたときには
あまりの懐かしさに追憶の涙がホロリ・・・。
どりぃむさんも相変わらずのヒットメーカーぶりで、
2回目の出番の際に歌ってた新曲は
80年代後半~90年代初頭のドラマの主題歌にでも
使えそうな名曲でしたね。
あの二人がお互いの代表曲をカバー、みたいな
イベントがあればすごく面白そうだな~とか
思いましたとさ。



そんなこんなで長くなってしまったので本日はこれにて。

画像はなぐらさんのニューミニアルバム『Love Songs』と
いわゆるスライムのツーショット。
好き嫌いはあるでしょうが、「メロディーが耳に残る」という
一番根本的な要素をきちんと満たしている分、間違い無く
才能はあるんだなと強く感じさせてくれる名盤でした。


追伸

次回の新宿FNV、ホーデンさんとの
ツープラトンパフォーマンスのテーマは
「スキマ男」です☆
初めて出演させていただくライブハウスですので、
今回の主催ほど苛烈なことはとてもできませんが
精一杯がんばります♪  乞うご期待!!
THE モ・ノ・マ・ネ!
「くわばら、くわばら・・・」



主催当日の早朝、太田です。
おはようございました。



こないだの日曜日、ホーデンさん宅に
遊びに行ったんですが、ホーデンさんの
風体がなんともはや・・・な状態に。
なんでそんなことになってるのか
当人に尋ねてみると、主催の下準備だそうで。

勿体ぶったり気を揉ませたりっていうのは
正直あんまり好きじゃないんですが、
いぶし銀なホーデンさんのお姿を
しかと見届けたい方は是非とも本日神楽坂まで♪


そんなこんなでホーデンさん宅の周辺の食事処に
二人で行ったんですが、ホーデンさんは
相変わらずよく食べる上に食べるのが早い!!

燭台の面々を大食らいな順に並べるとすると、
ミナコさんは女性だから除くとして、

きよ様 ≧ ホーデンさん > 蜻蛉さん
> マロさん ≧ 太田 >>>… デスさん

というカンジでしょうか。
やはりというかなんというかデスさん、
あのガリガリな体型はダテじゃないらしく
ものすごい小食です(笑)
「ちょっとでも食べ過ぎるとお腹が爆発するんですよ!!」
とかなんとかよく叫んでますし、
お客様からの差し入れをつまんでるだけで
お腹いっぱいになってることもww



そんなデスさんの勧めで先週、
松本人志の『MHK』の再放送を観ました。
全盛期の『ごっつ』のような突き抜けた面白さは
望むべくもないところではありましたが、
独特のセンスが今でも感じられて
なかなか楽しめたように思います。

不況の波を受けてか、今のバラエティーはとにかく
金の掛からない、アドリブ命のトーク・グルメ主体の
画一的な番組ばっかりになっている気がするので、
こういった作りこんだコント・パロディ系の笑いが
すごく懐かしく感じられる今日この頃です。
とんねるずの『仮面ノリダー』や
ウッチャンナンチャンの『ウッチー=チェン』
『約101回目のプロポーズ』あたりがとても恋しい・・・。





脱線に脱線を重ねましたが、
とにかく本日のエクスプロージョン主催、
ドウゾヨロシク!!!


画像は・・・・・オリジナルの方の
お叱りを受けるのが非常に恐ろしくて
ガクガクブルブルなので深くは解説いたしません。
先に言い訳だけしておくと、この画を撮ってくれた
ホーデンさんにやれって言われました!
「人喰いアメーバの恐怖」
「どりぃむ・しあたー」



お晩です。
ブログ不精ぶり発揮で
早速のように久々になってしまった太田です。



さて・・・


燭台(怪)第4回主催公演
2010.11.20(土)神楽坂EXPLOSION
『神楽坂撲滅運動~破滅に向かって~』
前売:2500円 当日:3000円
開場16:15/開演17:00
燭台(怪)、CASSANDRA(一日復活)、テクマ!、Jin-Machine、
ヴィデオグラマァ、スウィング☆パァル
サブステージ:NaG 東京どりいむらんど
※オープニングコント有!
※重大発表有り!
※入場順:燭台(怪)物販整理番号先行チケット→バンド予約の順
※かなり小さなハコなのでソールドアウトの可能性が十分に考えられます。
 予約はお早めにお願い致します!


です! 宜しくお願いします!!  
ちなみに僕とホーデンさんの今回の
ツープラトンパフォーマンスの
テーマはズバリ「おふくろの味」です!
主催ですのでいつも以上に振り切ります♪


今回の主催、対バンの方々の
絢爛豪華さもさることながら
なんといっても個人的に嬉しいのが、
サブステージに敬愛して止まない
どりぃむさんとなぐらさんが揃い踏み
というところです。

お二人ともアーティストとしての志向性が
あまりにも偏っているので、お客様からすれば
ハッキリと好き嫌いが分かれてしまうかもしれませんが、
それはウチも同じことなのでお二人を未見の方には
「乞うご期待!」としか言いようがありません(笑)

以前にも同じようなことを書かせていただきましたが
今回の主催は特に、V系バンドのライブに行くというより
“「エンターテイメント」を堪能する”という
感覚でご来場いただければ之幸いでございます。
どうぞどうぞ、よしなに。





そんなこんなで本日はこれにて。

画像は昨年の一月に行われた
燭台江古田主催後の打ち上げの席にて
どりぃむさんからいただいた、
どりぃむさんの奥さんがお描きになった
初音ミクのイラストです。
・・・・・・ふむぅ。


どりぃむさん、大好き。
ホーデンさんは綾瀬はるかがお好き
「こたつねこ」


うららかな小春日和の休日、
いかがお過ごしだったでしょうか。

今日も今日とてこんばんは。
三回目の太田です。



綾瀬某がホーデンさんのお気に入りだということを
ほんのつい先日知ってなかなかに衝撃を受けました。
そういえば、確かに何気ない会話の中で
ちょくちょくホーデンさんの口から
名前が出てたような気がしないでもない。

綾瀬はるかといえば、先日わたくし
おうちの最寄りの劇場で
『インシテミル』を観て来ました。
綾瀬某を長時間ちゃんと見たのは
それが初めてだったんですが、
確かに整った顔立ちなのは間違い無いものの
少々パンチが利いているというか、
結構癖のある相貌だな~と感じました。
(っていう話をこないだの楽屋でメンバーの皆に話したら
ホーデンさんに怒られた~ww)

それよりも映画観ててあらためて思い知らされたのが
藤原竜也のカッコよさです。
完全な個人的見解になってしまいますが、
彼はイケメンだけどチャラチャラした感じがしない!
短めの黒髪がとても似合っていてまさに「爽やか」を
地で行く好青年だな~と惚れ惚れしました。
少々演技がオーバーで笑ってしまいそうになる時がありますが、
ナレーションもやったりしてるだけあって落ち着いたイイ声してる。

そんなこんなで世間話の一環として「好きな女優は誰?」とかいう
質問をされると答えに窮してしまう太田でした。



そんでもって今回の本題なのですが、
僕が地元に引き揚げてるこの一年半ほどの期間に
たくさん新しいお客様がついてくださったようですので、
これを機会にあらためて此処で自己紹介させていただこうと思います。
それというのも、重度の人見知り芸人なので
ライブ終焉後の時間にお客様とうまく交流できないので・・・。


名前: 太田 秀行(おおた ひでゆき)  → 「バンドマン的オーラは皆無の一般人である」ということで紛れも無い本名での活動あります。

生年月日: 1985(S60)年7月4日 [満25歳] → なんだかんだでもう自分も四捨五入すれば30であります! しかしながら、先日自宅にヤクルトの訪問販売にやってきたおばさんに「大人の方はご在宅でしょうか?」って言われましたww  ドンマイ・童顔♪

現住所: 隅っこながら一応東京都内です。 → 以前、お客様から「毎回兵庫から来てるんですか?」と聞かれたんですが、この秋から一身上の都合でめでたく再び上京できたという次第です。

趣味: 特撮番組 ホーデンさんの面白さ研究 → よくホーデンさんと一緒に仮面ライダーの映画観に行ったりしてます!!

好きな食べ物: ランチパック → ずっと前に食べた「ブルーチーズ」的な味がとても美味しかった記憶があります。

好きなバンド: もう解散されてしまいましたが、Rentrer en Soiさんが大本命でした。今も活躍中の方々の中ではDuel Jewelさんやexist†traceさん、Moi Dix Moisさんが特に好きです。まぁ、「それでいざ自分が所属してるバンドでやることがアレかよ!」 ってカンジですね・・・。


という内訳となっております! 燭台消費者の皆様方、あらためましてどうぞよしなに!!





それでは本日はこれにて。
画像はウチの猫。
長い夏が終わってすぐに冬が来たので
こたつが欠かせない今日この頃。
「マロさんと食物繊維」
「ドラギレ」



もう明け方ですが、こんばんは。

果たしてお客様の目に止まっているのかどうか
甚だ疑問なブログ空間ではございますが、
復活後二回目の書き込みです。


さてさて、もうはや一週間ほど経ちますが、
先週末の手刀公演にご来場いただきました
燭台消費者の皆様、誠に有難うございました。

きよ様のみならず、急遽みなこさんまで
出演できなくなってしまったことは
非常に残念ですし、皆様に対しまして
は申し訳無い限りなのですが、
少しでも楽しんでいただけたのであれば
之幸いでございます。


自分にとっては今回の手刀が復帰後三回目の
出演だったわけですが、サポートDrとして
ご参加いただいた悠介さんの雄姿にあらためて感銘を受けました。

本番が迫ろうとも全くの平常心を保ち、
我々が準備にあたふたしてる一方で
瞬く間にメイク・着替えを完了する様は
流石プロのバンドマンというほか無かったです。

僕が正式に燭台に加入してからは初共演だったのですが、
勿体無くもちゃんと僕を個人認識してくださってて
最初にご挨拶下さったので大変感激した次第です。

コントにも大喜利にも果敢に対応されるバイタリティーには
流石!の一言ですが、なんといっても燭台関係者なのに
ちゃんとしたイケメンのV系バンドマンだという点が
一番衝撃的ですよね(笑)
ともあれ、今後とも燭台にご厚情を賜りたいと切に願うばかりです。


僕とホーデンさんのパフォーマンスは
既に蜻蛉さんからも解説いただいたとおり、
『食欲の秋、性欲の秋』をテーマに
中年男性の食欲と性欲を同時に満たす
ノーパンしゃぶしゃぶをも打倒せんと、
ホーデンさんと二人で練り上げた一品でございます。

「手刀さんは少々のおイタは大目に見てくれる」との
リーダーからの助け舟もありましたので、
一生分のフェティシズムを味わい尽くすつもりで
ホーデンさんを蹂躙しました♪
マロデスさんと一緒に、
帰路に就く前に手刀のスタッフの皆さんに
「いろいろ汚してしまってスイマセンでした!!」
と謝罪したんですが、
「面白かったよ。ただ、ジャムはもう勘弁してね。」
と寛大にも笑って許してくれました・・・。(汗)

実際にパフォーマンスを展開して
あまりの汚辱・エロスっぷりに、正直なところ
他のバンドさんのお客さんのみならず
燭台消費者の方々からも非難轟々かも、と
終演直後は覚悟していたのですが、
どうしてどうして、おおむね(?)好意的な
評価をいただけたようなので胸を撫で下ろしました。

パフォーマンスをやってて常々感じているのは、
「エンターテイメントの一種として温かい目で見て欲しい」
ということです。
真剣に曲や世界観で勝負していらっしゃる他のバンドさんに
対して申し訳無い気持ちになることは多々ありますが、
ライブ活動というのは根本を質せば
「エンターテイメント(娯楽)」なのですから、
あまり肩肘を張らずに「こんなバンドがいてもいいな」ぐらいの気持ちで
幅広い層の方に楽しんでいただければと思っております。
また、ただ単に滅茶苦茶をやるのではなく、
舞台でのパフォーマンスとして成立させるための線引きとして、
常になにがしかの芸術性を追求せねば、とも考えております。

そんなこんなで次回予告。
次回の燭台エクスプロージョン主催、
ホーデンさんとのツープラトンパフォーマンスのテーマは
『おふくろの味』です! 乞うご期待!!





それでは、長々ととりとめも無く書いてしまったので本日はこれにて。

画像は小生の復帰一発目のナルシスの楽屋での一枚。
自分の画像載せるのは大いに気後れがするので
あんまり好きじゃないんですが、
ご本人たちも出来栄えに納得の
デスきよのお二人の合作メイクでした。
まぁ、このあと本番ですぐに絵の具塗れになっちゃったんだけど・・・。


アメブロもTwitterもなんのその!
テポドドーン!!


燭台(怪)消費者の皆様方、どうもこんばんは。



ここのブログへの書き込みは実に5ヶ月ぶり。

そして自分がここに最後に書き込んだのは
一体どのぐらい前なのかわからない。

そんなこんなで燭台(怪)パフォーマー2号の太田です。よよい。

さてさて、レギュラーメンバーに復帰させていただいて早々、
リーダーから「キミもアメブロに登録しろ」とのお達しがあったんですが、
過当競争に飲み込まれずひっそりと隠遁生活を送りたい今日この頃でして・・・。

まぁ、閑散として既に廃墟同然の此処なら
同じくブログ不精なマロさんやデスさんも
気紛れで一緒に書き込んでくれるかもしれない!!

そんな微かな希望を胸に抱いた秋の夜。


ともあれ、小生、あまりにもシャイボーイすぎて
毎回のライブ終了後の時間、ぜんぜんお客様とコミュニケーション
とれていないので、自己紹介的なものも混ぜ込みつつ
これからここに書き込んでいけたらと思います。





画像は先日の手刀でデスさんに撮ってもらったもの。
ドーン!!をやるのが楽しくて楽しくて、
リアルに本物のチャコット製の黒スパッツが欲しくなってしまいました♪

ドラえもん以外のメイクをやったのはかなり久々ですが、
我ながら変質者丸出しですこぶる気持ち悪いなぁ・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。